タクシー運転手は若者にもできるの?

名古屋市でタクシードライバーをするには経験と土地勘が非常に大切です。

 

狭い土地だけならばマップも把握しやすいですが、広範囲を走ることになる可能性が高いため、若くてもマップさえ把握できていれば仕事はできるでしょう。

 

必要な免許と年齢制限

まず、タクシードライバーになるための条件として1種免許を取得してから3年以上経過していることと、2種免許を取得していることが条件になります。

 

そのため、18歳になって車の免許を取得してから最低でも21歳まではタクシードライバーにはなれません。また、21歳でも2種免許を取得できなければ採用してもらえないので、理想としては土地勘をつけることも考えて22歳以上の年齢でタクシードライバーになることを目指したほうが良いでしょう。

 

これがいわゆる免許の影響による年齢制限で、18歳で免許を取得して3年以上運転経験がある21歳以上の方であればタクシードライバーになれるでしょう。

 

土地勘の把握はなかなか難しく、数年住んでいても把握しにくいものです。その地で生まれ育った人でさえも把握しきれていないことがあるため、実際に車で走って覚えるのが一番です。

 

接客スキルが必要

タクシードライバーには接客スキルも最低限必要です。特に、運転しながらお客さんの話を聞いたり、行き先に関しての話を聞きながら車を発進させないといけなかったりするため、注意力と気遣いスキルが相当要求されます。

 

2つ以上のことを同時にしないといけないため、マルチ作業の苦手な方にはタクシードライバーの仕事は向いていないかもしれません。また、経験の浅い若者にもタクシードライバーの仕事は難しいかもしれません。

 

難易度は少し高いので、社会経験をある程度積んでからのほうが働きやすいでしょう。体力的に不足するものはなさそうですが、グルメ情報やホテルまでの最短アクセス経路、ラブホテルの情報などを聞かれることもあるので、人生経験が豊富な方が良い仕事ができる可能性が高いです。

 

若者にも不可能ではない

タクシードライバーの仕事は若者にも不可能ではないですが、愛知県名古屋市での需要を考えるとかなり仕事のできる人でないと成功は難しいでしょう。

 

タクシードライバーに求められていることは比較的多く、若者のスキルでは人生経験に関係するような部分が足りないかもしれません。土地勘をしっかりつけて、どんな需要があるのかを把握してその町について詳しくなるような努力も必要です。

 

先輩のタクシードライバーから色々話を聞かせてもらうのが成長への一番の近道でしょう。


PAGE TOP