未経験でも働く場合の転職の流れ

愛知県名古屋市でタクシードライバーとして働く場合は、土地勘も求められますが、事故が起きやすい場所の把握、マップの暗記、事故を起こしそうな車を見極めて距離を取るなどのスキルなども求められます。

 

2種免許取得と研修期間

タクシードライバーとして働く際にまずは2種免許を取得する必要があります。2種免許取得には約2週間ほどかかるため、この期間中にしっかり免許を取得して、研修もどんどん受けることになります。

 

土地を把握して、どんな未知が危険か理解し、事故の置きやすい場所、時間帯をしっかり確かめておけば、路上に出た時にも乗客を乗せているときに危険な道路を避けて走ることができます。

 

事故が起きやすい時間帯は特に対策を意識しておくとよいですが、研修中にそれらの知識を身に着けておかないと現場ですぐにその経験を生かせません。2種免許の取得だけでなく、研修期間にある学習もしっかりこなせるようにしておきましょう。

 

転職が決まるまでの過程は同じ

タクシー運転手としての転職が決まるまでの流れはどこの会社に転職する時にもだいたい同じです。

 

履歴書の提出や面接、試験などの他、適性検査や労働契約書などのサインなどを行い、福利厚生、研修期間、報酬体系、歩合給の計算方法などさまざまな内容をチェックしていくことになります。契約内容の確認や労働環境の確認、働くべき会社の比較はとても手間がかかるため、転職サイトなどを活用するのが一番です。

 

求人情報の掲載も早く、自分の希望する職場や給与条件を満たす条件の会社だけをすぐに絞りこめるので転職サイトを利用しておくメリットは大きいです。

 

運転免許としては2種免許をすでに持っている方が採用されやすいので、余裕があるならば先に免許を取得しておいても良いかもしれません。

 

研修が終わると本格的に稼げる

タクシー会社に転職できて、約2カ月から3カ月ほどの研修を終えると、本格的にガッツリ歩合給で稼げるようになります。

 

歩合給はたいてい65%程度で1カ月の売上に対しての割合で歩合給が支払われます。固定給はだいたい17万円程度で、歩合給とあわさってだいたい30万円を超えてくるくらいの報酬が月収となります。

 

報酬はかなり多い方ですが、歩合給があるため、これよりも更に稼げる可能性があります。

 

1ヶ月のうち確実勤務では12日ほど勤務することになり、1日に売上が4万円ほどあれば月に40万円以上の売上が出ることになります。この場合の歩合給は約24万円以上になるので、この時点で月収が40万円を超えるほどになりますので、努力次第でしっかりと稼げるという魅力も十分あります。


PAGE TOP