愛知県名古屋でタクシー運転手は中高年でも働ける

最終更新日 2021年3月9日

監修・著者 株式会社しごとウェブ 佐藤 哲津斗

タクシー運転手の仕事は中高年でも働ける職業として愛知県名古屋市でも人気があります。

 

土地勘が必要なため、高齢者や中年の方のほうが仕事をしやすい可能性はあり、タクシードライバーならばまだまだ中高年でも現役で頑張れます。

 

経験豊富な人のほうが働ける

タクシードライバーになるためには2種免許の取得が必須なため、社会経験のある人やすでに2種免許をしかして働いたことのある方のほうが仕事はしやすいです。

 

郵便局の配達や宅配便などの仕事も役立ち、土地勘が必要な仕事や車を使用する仕事についていた方はタクシードライバーとしてもすぐに活躍できるでしょう。愛知県名古屋市は道が複雑で覚えにくく、場所によってはかなり入り組んでいてわかりにくいため、長年の経験やその土地に詳しい人のほうがドライバーとして適切です。

 

タクシー運転手として働く場合に求められることにも素早く確実に応えられる可能性があるため、名古屋市で生まれ育った人のほうがタクシードライバーへの転職におすすめです。

 

グルメ情報や地元のローカルな話題に詳しい人のほうが安心されることも多いです。

 

仕事内容も覚えやすい

タクシードライバーの仕事はそこまで制約はなく、一度覚えてしまえば難しい作業はほとんどありません。

 

タクシードライバーの仕事を始めるときに一番大変な土地や道を覚える必要が無い場合は、無線やカーナビの操作、料金支払のための交通系ICカード決済端末の操作が覚えられれば基本は問題ないです。

 

あとはお客さんを拾って、目的地に運ぶだけで良いので相性の良い人にとっては何のストレスもないでしょう。多少なり接客スキルが求められますが、社会人としてきちんと対応できれば特に追加の知識や経験を積むことはないでしょう。

 

タクシードライバーは中高年の方にまさにぴったりな仕事で、交通機関の一つとして社会貢献もできるやりがいある仕事になるでしょう。

 

2種免許の取得費用

タクシードライバーになるために必要な2種免許は取得するのに約30万円ほどのコストがかかります。

 

この2種免許を自己負担で取得するのも良いですが、会社が取得費用を負担してくれるところもあるため、あまり自己負担で支払わなくて良い会社に勤務したほうが良いです。

 

労働期間などに制約が出てしまう可能性はありますが、2年、3年と働くつもりがあるならば問題はないでしょう。

 

2種免許の取得にかかる学習や費用は中高年にとっては少し負担が大きいので賢く備えて、スムーズに働けるように準備しておいてください。


PAGE TOP