転職に失敗しないための教訓と注意点

仕事を変えるのは決して簡単ではなく、タイミングをずらしてしまうと収入が一切ない期間ができてしまいます。

 

転職に失敗しないように計画的に転職活動を行うようにしましょう。

 

転職のタイミングは大切

転職をするときは、前職に就いたまま転職活動を行って、会社の受け入れ時期は前職をやめられるタイミングに合わせてもらえる場合が多いです。

 

しかし、いつまでも待ってもらえるわけではなく、決まった期間内に会社を辞めてタクシー会社に転職しないといけません。このタイミングを合わせるのは少し難しい場合もあるので、1カ月ほどブランクができてしまうのは仕方がないとしても2カ月、3カ月とブランクができないようにしましょう。

 

収入面で苦労がなければじっくりと休息を取るのも良いですが、仕事の感覚を忘れてしまうのはリスクなので、ブランクがあるときに2種免許を取得する勉強をしたり、土地勘やマップを身につけてみたりするのも良いでしょう。

 

書類と契約書面をチェックしよう

転職する時には転職先の会社の労働契約書や給与体系、働き方や手当などの確認をしておいたほうが良いです。

 

契約を結ぶ前に契約内容を確認するのはかなり重要で、可能であれば福利厚生や待遇、賞与、ボーナスがちゃんと履行されているかどうか確かめられれば理想的です。会社によっては求人情報に魅力的な条件だけ書いておいて、その半分も社員に適用されていないというひどい状況になっていることもあります。

 

ブラック企業というレベルではなく、労働契約においては詐欺に近いような条件の会社も中にはあるので、求人情報をただ見るだけでなく、転職前にきちんと条件をチェックしておきましょう。

 

社員の様子をしっかりチェックしよう

その転職しようと思っているタクシー会社の社員を見ると、どれくらいの利益になっているのか、会社内の雰囲気や働きやすさをきちんと把握できます。

 

会社に面接に行くというのは、そうした社内の様子をチェックするのにも役立つのでテストされるだけと考えるのではなく、会社をテストするつもりで訪れるという感覚も大切です。

 

安心して長く働けるような会社を選べれば、わざわざ何度も転職せずに実力を発揮できるので良い条件の会社を見つけましょう。

 

会社のためにしっかり貢献していこうと思える会社かどうかも大切で、きちんと地域社会への貢献、公共交通機関としての責務を理解している優良な会社に勤務して活躍するようにしてください。


PAGE TOP