タクシードライバーのデメリットと仕事で大変なこと

最終更新日 2021年3月9日

監修・著者 株式会社しごとウェブ 佐藤 哲津斗

愛知県名古屋市でタクシードライバーをする場合には、車社会ということもあって需要が多く給料も高くなりやすいですが、交通安全の注意力がより必要で、タクシー運転手への要求も多いため期待されることが多すぎて大変な場合があります。

 

タクシー運転手は運転のプロ?

愛知県名古屋市でもタクシードライバーは運転のプロ、道路事情のプロだと思われている場合が多いため、混雑を避けようがないときに渋滞に巻き込まれずに走ってほしいという要求を受けたり、自分で場所を調べていないお客さんが、初めて行く場所にタクシードライバーのカーナビ頼りで連れて行ってほしいという要求を受けたりします。

 

色々頼ってくれるのは有り難いことですが、タクシードライバーもお客さん本人も行ったことのない場所を目指す場合には、それだけリスクが増加します。

 

求められることが多すぎるとかなり大変なのでタクシー運転手は常にプロとしての意識を持ち、安全運転も完ぺきにこなす必要があるでしょう。

 

隔日勤務が大変なのは本当

隔日勤務は1カ月の間に12日ほど勤務するだけで良い勤務形態ですが、1度に10時間から20時間勤務をすることになり、生活が3日スパンで不規則です。睡眠時間、労働時間、休息を取る時間がばらばらになることが多く、ずっと隔日勤務をするのは相当大変です。

 

この隔日勤務は労働時間が長い分、どんな時間帯のお客さんも捕まられるので、歩合給も相当高くなります。その代わりに体力や睡眠時間、睡眠の規則性を犠牲にすることになるので、疲れている時にはかなりのストレスになります。

 

疲労が蓄積している場合にはきちんと休息を取る必要がありますが、それでも休息が足りないと事故を起こす可能性もあるため、駅での待機や配車連絡だけでの運行などに切り替えるのが無難な働き方になります。隔日勤務で常に流しの運行をするのはときに危険があるので注意しましょう。

 

お客さんとの対応が大変な場合もある

タクシードライバーに求められている接客は、運転の集中力を阻害することもあります。

 

グルメ情報や観光情報を聞かれるくらいならば、知っている範囲で答えられますが、注意力が散漫になるようなことを聞かれてしまう場合や、長々とお客さんの自分語りに耳を傾けないといけなくなると面倒になってしまうこともあります。

 

ある程度きちんと対応しないとドライバーの態度が悪いと苦情を言われてしまうこともあるので、運転中の接客スキルやコミュニケーションスキルなどは比較的大切です。


PAGE TOP