タクシードライバーが持っていると良いスキルや資格

最終更新日 2021年3月9日

監修・著者 株式会社しごとウェブ 佐藤 哲津斗

愛知県でタクシードライバーとして働く場合には、その交通事故の発生件数の高さから救急救命技能や法律に関する知識、ドライブレコーダーなどの操作などについて優れていると仕事をしやすくなるでしょう。

 

救命技能は必須のスキル

交通事故が非常に多い地域なので、公共交通機関の一部としてタクシードライバーをする場合は最低限救命技能を身につけておく必要があります。

 

心肺蘇生や止血、AEDの使い方に加えて、どういう状況で救急車を呼ぶべきなのか、交通事故があったときにどう対処すべきなのかなど実務に近いスキルを身につける必要があります。

 

また、大きな地震に備えて防災関係の感覚を磨いておく必要もあります。タクシーの車両一つ一つに防災用品などを備えておくのが常識ですが、まだ備わっていない場合には会社規模で南海トラフ地震への備え、交通事故への備え、両方に対応する必要があります。

 

主に路上での勤務が多くなるタクシードライバーが現場ですぐに救助に当たれることはとても価値が大きいです。

 

車や道路交通法の知識をつけよう

愛知県では運転者としては常識的な安全確認のできないドライバーが交通事故を起こしています。高齢者や若者の事故件数は比較的少なく、約2万件近い事故は一般の方や中年の方によって起こされていることもわかっています。

 

30代から50代の運転手のマナーの悪さが異常に目立っているため、煽り運転の危険運転に対する新しい規制や、危険性帯有者の扱い、より簡易的になった危険運転者の通報システムをどんどん活用して、安全運転ができない車はドライブレコーダーの映像を証拠としてどんどん通報していかないと愛知県全体の事故も減らず、交通事故発生件数全国ワースト1というレッテルも覆りません。

 

この交通事故発生件数は異常な数なのでタクシードライバーとして正しい知識と安全運転をして、少しでも交通安全に貢献すべきです。

 

機械の操作に慣れよう

ドライブレコーダーやカーナビの操作を覚えていないと、その操作にドギマギしているときに不注意で事故を起こしてしまうかもしれません。

 

特に発進前のカーナビ操作、発進しようとしてからの安全確認には特に注意が必要で、乗客を乗り降りさせる時の扉の開閉においても注意が必要です。

 

左後方からの自転車の衝突などにも注意する必要があり事故を起こす要因をタクシーが作らないようにする必要があります。

 

観光の知識や子育てタクシー向けの知識なども良いですが、まず第一に安全に対してのスキルがないと愛知県ではやっていけないので、研修の前から危機意識を高めておくことをおすすめします。


PAGE TOP