タクシー転職のための履歴書・書類作成のコツ

最終更新日 2021年3月9日

監修・著者 株式会社しごとウェブ 佐藤 哲津斗

タクシー運転手として仕事をするためには転職前に履歴書や会社指定の書類を作らなければいけません。

 

特に履歴書に記載する内容は大切で、資格や免許、経歴はタクシードライバーに適したものをアピールできるようにしましょう。

 

タクシー運転手におすすめの経験

タクシー運転手は、人を乗せて車を走らせる仕事なため、高齢者のヘルパー、介護の過程で高齢者の車での送迎をしていた方はすぐに仕事を始められるかもしれません。

 

また、宅急便や郵便局の配達をしていた方も路上を主な仕事場としているため、タクシードライバーとしての素質があります。勤務地で生まれ育っている場合はタクシードライバーの仕事もしやすく、その土地勘や道の知識を生かしてさらに積極的に活躍できるでしょう。

 

タクシー運転手は車の運転が主な仕事なので、車が好きな人よりは、車の運転でストレスを感じない人、車にこだわりがあまりない人の方が長続きするかもしれません。

 

運転でイライラしてしまう人や追い抜かれてイライラしてしまうような人はタクシードライバーとしての適性は低いので相性もチェックしておいたほうが良いです。

 

2種免許はあったほうが良い

タクシー会社に転職するときには2種免許を取得していた方が採用されやすいです。会社が2種免許の取得費用を負担してくれることもありますが、この会社負担の免許取得が後々でトラブルになることは多いです。

 

労働基準法16条「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない」という法律があるため、従来に比べると2種免許の会社負担に関係するトラブルは減っていますが、それでも2年間の勤務は必須にするという条件がついたり、800日間の乗務が必須として条件をつけたりする会社はあるため、こういった労働基準法に準拠している会社かどうか判断して会社を選びましょう。

 

外国語スキルもおすすめ

タクシー運転手の仕事では、外国人観光客を乗せることもあるため、英語を話せたほうが仕事しやすくなります。

 

愛知県名古屋市でも観光客を乗せたり、外国人を乗せたりする時には外国語の一つでも話せれば売上は上げやすくなります。

 

グローバルな環境となっている今の時代には最低限の英語スキルは必須なので後からでもしっかり学んでおきましょう。

 

名古屋市では中国人は約22000人、韓国人は約16000人、フィリピン人は約8400人なので、中国語を覚えるのも良いでしょう。基本的な中国語や韓国語だけ会話表現を使えるようにしておくと仕事で役立つはずです。
(参照:http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000080856.html)


PAGE TOP