稼げないタクシードライバーがやっていること

「稼ぐ」ドライバーと「稼げない」ドライバーの違いとはいったい何でしょうか?

 

稼げないドライバーの行動パターンとその理由から、稼ぐドライバーになるためのヒントを探ってみましょう。

 

まず、稼げないドライバーがやっていることをまとめると次のとおりです。

  • 地域のイベント情報などのチェックがおろそか
  • 稼げるスポットを知ろうと思わない
  • 目標が低い

やはり転職する以上、稼ぎたいでしょうから、こうなってはいけません。

 

では、なぜこれがダメなのか、見ていきましょう!

 

地域のイベント情報をチェックしない

タクシードライバーは、接客やサービスのためにも毎日の情報収集が欠かせませんが、意外に侮れないのが、地域のイベント情報です。

 

稼げないドライバーは、イベント情報をチェックしません。実はイベントの内容や客層によって、タクシーの売上に大きく影響します。

 

まず、学会や講演会、コンサートなど、イベントが全国から人が集まる内容だった場合には、その土地に不慣れな人たちが多く集まります。

 

彼らはイベントの開始時間に間に合うように移動するので、駅からの道のりで迷うのを恐れてタクシーを使うことが多いのです。

 

さらに、参加者の年齢層が高いイベントだった場合には、やはり駅から会場まで、会場から駅まで歩くことをせずにタクシーを使うため、売上増が見込めるのです。

役員クラスのビジネスマンの中には、わざわざ主要駅までタクシーを使い、その移動時間を電話や仕事などに充てる方も少なからずいらっしゃるのです。

稼げるスポットを調べない&学ばない

稼げないドライバーは、稼げるスポットを調べたり、学んだりすることをしません。もうお分かりだと思いますが、タクシードライバーの売上は、客単価×乗客の数で決まります

 

どのエリアで待機するか、どのような客層のお客様を乗せるかで、売上が確実に変わってきます。

 

どんな地域でもエリアや時間帯で稼げるスポットがあるはずで、例えばそれを調べたり、同僚に聞いたり、毎日の乗務での気づきから学んだりしない限り、その後の乗務に生かして売上アップにもつなげられなくなってしまいます。

 

最悪固定給+αで良いと思っている

収入に一番大きく影響するのは、なんと言っても意欲です。

 

タクシー会社に所属して、固定給と歩合制で給料をもらっているドライバーは、人件費やガソリン代などをカバーするための売上ノルマはあるものの、特別売上をあげなくても、固定給である程度の収入が保証されています。

この待遇に甘んじて、固定給+αで良いと考えている場合、自ら売上を上げるための工夫をしなくなり、情報のアンテナが鈍くなってしまいます。

「稼ぐ」ドライバーたちは、高いモチベーションを持って、売上のために日々努力を続けています。どのエリアでどの時間帯にどんなイベントがあるか、どの路線の終電がいつ終わるのか?

 

今まさにタクシーを求めている人たちがどのように動いていくのか、刻々とかわる人の流れを読み、その流れにあわせて自分が積極的に動くことで、売上につなげているのです。

 



PAGE TOP